風邪ひきました

風邪ひいて寝ています。仕事が忙しくて睡眠時間も削ってきていて、今日までたどり着ければ大丈夫かなと思っていたのですが、昨日ひいてしまいました。残念。今日は16時間くらい寝ています。

連れ合いと子供は子供関係のイベントに行ってしまいましたが、かえって気楽です。「日経マネー」最新号読んで、投資対象候補2銘柄と買い増し候補1銘柄をチェックしました。週明けからこれらを含め様子を見ます。
スポンサーサイト

回復基調です

本日の日経平均は37.56円安の1万9251.87円。ファストリ(9983)が550円安なので、それに引きずられた感じですね。

私の保有銘柄は全体として上がっているものが多いです。しかも、長らく低迷?していた銘柄が上がったり、最近好調な銘柄も新高値付けたり、です。
一方、SHOEI(7839)大幅安ですね。なんでだろ。まあ、売ったのは結果オーライでしたかね。

それなりに利が乗ってきたら、いったん売っておくという方針の下に模様眺めをします。

リスクを取ることの悩ましさについて

本日の日経平均は203.45円高の1万9079.33円と1万9000円回復です。一時期に比して、持ち株全体の値段が回復してきました。食品セクターがやや弱いくらいでしょうかね。
評価額も1週間で200万円くらい戻してきました。

当面は模様眺めをしようと思っています。

リスクをとることの悩ましさについて、少々。
すでに書きましたとおり、SHOEI(7839)を先週2920円で売ったのですが、本日は終値3085円、高値3185円まで行っています。ユーロ円レートの状況からすると、まだ上がるかもしれません。
さて、では、先週の時点で売るのを控えるべきだったか?というと、必ずしもそうでもないと思います。やはり、フランス大統領選に伴う下落のリスクはあるので、私は「この銘柄については」そのリスクを取るのが怖かったのです。
これは一つの投資判断だと思います。

とはいえ悔しいのは事実ですが、「負けなかった」ことでよしとすべきなのでしょう。

なお、当然ながら、銘柄によってはもっとリスクを取れると思っているものもあります。あくまで銘柄ごとの判断です。

今日は上がりました

本日の日経平均は255.13円高の1万8875.88円。上がりました。信用売りをやってるわけではないので、また、今のところどうしても買いたい銘柄(つまり安く買いたい銘柄)はないので、上がるとやはり嬉しい面はあります。

ファストリ(9983)が1300円高と大幅に上がり、そのほかの持ち株も比較的上昇しているのが多いので、今日は含み益が一定回復したかと思います。
明日はどうなるかわかりませんが、どうなっても慌てずに市場を眺めるのみです。

どうでもいい話ですが、この季節になると、梶井基次郎の名作「桜の木の下には」を思い出します。「桜の木の下には屍体が埋まってゐる!これは信じて良いことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことぢゃないか。」という衝撃的なフレーズ。短編というより散文詩ですね。桜を題材にした文学作品では、これが一番好きです。

株式投資の究極の目的について

株式投資を、最終的になにを目指してやっているか、というのは人により違うのだと思います。

株式投資はギャンブルだ!という、おもにデイトレーダーの方は、ある意味毎日賭けているのですよね。
同じスタンスで長期投資をするのもありで、この場合はベットしたら数年待っているわけです。

20年くらい前に読んだ『企業通信簿』の著者堀口一史氏は、株式投資は競馬と同じだけど、
「馬主」として取り組む方法がある、それがバイ・アンド・ホールドの手法だ、という趣旨のことを
述べておられました。
競馬の馬主さんは、賞金狙い、あわよくば種牡馬として大もうけ、という意味ではバクチ的な要素も
あるにせよ、また自分の馬の馬券は買うにせよ、単純にギャンブルではないですよね。

私は究極的にはギャンブルではない投資をしたいです。売買により資産を増加させつつ、
一定時期には配当と優待を得るためにそれ以上売買はしない、ということでいいのでは。。。と
思います。
トレードのみで食べるのは難しいでしょうけど、資産をある程度増やした段階で、適切な
ポートフォリオを組んでおけば、それを放置しても、配当と優待だけで生活することは
可能ではないかと思います。

「投資家」とはいえないでしょうけど、孫正義氏や柳井正氏や鳩山由紀夫氏は株だけで、しかも
株を持ってるだけで、悠々食べていけるはずです。

もっとも、この銘柄は上がる/成長する、という「読み」が当たるときの高揚感もあるので、トレードを
全くゼロには出来ないですが、なんとか年200万円くらい配当がもらえるようになればいいなと
思ってはいます(まだまだ遠いですけど・・・)。

久々の大幅上昇ですかね

本日の日経平均は190.26円高の1万8620.75円。久々の大幅上昇でしょうか。

個別銘柄も回復基調です。アビスト(6087)、島精機(6222)、ユニバーサル(6425)は3桁上昇、アミタ(2195)や板硝子(5202)も戻ってきました。
とはいえ、楽観視せずに相場を見ていきたいです。

どうでもいい話です

本日の日経平均は1.71円安の1万8430.49円。昨日と反対に、トピックスはプラスです。個別銘柄の選別物色、という動きが中心の印象ですね。仮にこれから買うとすれば、銘柄選択が重要になりそうです。

SHOEI(7839)を売ったのは、フランス大統領選のリスク回避です。この銘柄は、ユーロ円レートに業績が連動するので、円高になるととたんに業績が悪化するはずですので。

どうにも忙しくて、本ばかり読んでいます。ヒマがないと、細切れの時間で、移動中でも読める読書くらいしか趣味がなくなりますね。。。
投資関係や金銭哲学の本も読みますが、最近は、河出書房新社から出ている「日本文学全集」を片端から読もうとしています。受験のため名前だけは知っている・・・という作品が、意外に面白いです。現代語訳ですが、「春色梅児誉美」とか「女殺油地獄」とか「更級日記」とかも面白いし、「たけくらべ」がとても哀しい話なのを改めて感じさせられます。丸谷才一とか中村真一郎とかがミステリ風の小説を書いているのも面白い。漱石なんてひたすらダメ男ばかり書いてる作家ですが、三四郎池の崖の描写は興味深いです。
すいませんどうでもいい話です。

ついでに、金銭哲学なら、漫画家お二人の作品が甲乙つけがたく同率一位のような気がしています。青木雄二『ゼニの人間学』と、西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』です。私なりにまとめれば、「世の中はカネ」じゃないけど、現実にはカネの世の中(資本主義社会)だし、金で買えないものはたくさんあるけど、金がなければなにも買えない。貨幣は鋳造された自由であり、神が存在するとすれば金に化体している。。。と、かなり乱暴ですがこんな感じでしょうか。

SHOEI 売り

本日の日経平均は13.61円高の1万8432.20円。一応3連騰ですがトピックスはマイナスですね。

さて、SHOEI(7839)を保有分全部売りました。2920円で200株。確か1680円位で購入していますので、手数料を考えて約25万円弱のキャピタルゲインです。

今年から来年にかけては、ある程度利が乗ったものは売っtえいこうとおもいます。
一方で、ナンピンする予定の銘柄もありますけど。

ここ数日、書いてることが一貫しないような気も。。。
まあ、売るものは売り、ホールドするものはホールドし、ナンピンするものはナンピンしたい、ということですが。
ちなみに今日は強風で、JR軒並み遅延、出張からの帰りがものすごく遅れ、車内で酔ってしまいました。。。
プロフィール

marpelous

Author:marpelous
投資歴22年の個人投資家です。4銘柄110万円から始め、現在保有している株式は86銘柄・評価額約7000万円(3/31現在)。
基本スタンスは数年以上の個別株長期保有です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
注意事項
このブログは個人的な取引・意見等を書いているものです。ご参考にされた結果の損害等については責任を負いかねますのでご了承ください。
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR